読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナの風邪ひいた

Rei Nagaiさんという方のブログを読んで、ブログを始めたいと思った。

なぜ日本人の名前なのにアルファベットで書いているのかというと、漢字を知らないからである。

なぜ漢字を知らないかというと、Facebookで一方的に彼女のブログを読んだだけだからである。

なぜFacebookで一方的に読んだかというと、前の劇団の先輩の知り合いとしてたまたまタイムラインに流れてきたからである。

ネットストーカーではない。

それから一週間後に、僕の好きなバンドandymoriのボーカル小山田壮平さんの実の姉である、小山田咲子さんの生前のブログ集である「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」を読んで、ますますブログを始めたいと思った。

Reiさんも咲子さんも教養深くかつ軽妙でユーモアがある書き口でおもしろい。

 

 

というわけでブログを始めた。

 

 

ものごとを始めるタイミングってのはいつでも急なようでいて、案外そのときの波みたいなもののなかからひょっこり出てくるものな気がする。でもそのタイミングを摑まえるのは結構むずかしい。自分の心はその方向に向かっているのに、どうしても全力の言い訳を重ねに重ねてそうではない方向に引き込もうとしてしまう。その瞬間になんとなくこっちだ!と思った方に飛び乗るのは怖いことだけれど、僕はそれを選んでいく生き方が好きだな。

 

 

とかなんとか言いながら、四日前からブログを開設していたにも関わらず面倒くさくなって一度も投稿していなかったのはこの私だ!

初回投稿からこんな具合なのでコツコツ毎日続けるつもりもなく、気が向いたときに気が向いたことを気が向いた形で書いていこうかな、と。特にいつまで続けるとかもないので、お得意の三日坊主が発動するかもしれないし、もしかしたらこの投稿が最初で最後かもしれないです。

 

そうなったときのために一応最後のお別れの挨拶をしておこう。みなさん、今までありがとうございました。